ものがたりを解釈する

アニメ、漫画、小説、神話、あらゆるものが語りかけてくること。最も深遠な、でも誰にでも開かれている秘密に、解釈というメソッドで触れていく。

宮崎駿作品を通して解釈する2 成長していく主人公像。

赤毛の魔女ほど込み入った設定ではないけど、 男の主人公も全作品を通して見るとなんとなく変遷がある。 パズーはどうしてああも身体能力が高いのか、という疑問から仮説にしてみた。 魔女宅で登場する女性たちが、女の一生の各ステージを象徴していたのと…

天空の城ラピュタを解釈する1 バルス! 漫画版ナウシカから受け継ぐもの

ラピュタはイイ・・・。 なんかもうOP見て聞いてるだけで謎の感動で涙ぐむww 冒険活劇の傑作で、時代の集大成って感じ。 というわけでラピュタは観たままに楽しめばいいだけで、 解釈ってほどのこともないと思うんだけど。 今までの赤毛の魔女設定や父…

ファブリーズを解釈する。単純接触効果とエトス、注文の多い料理店。

金ローでジブリは楽しいが、どうしてもCMが入る。 それも醍醐味かも知れないが、いつも戦慄するのがファブリーズのCMだ。 支配するものと対立せず、内なる完成を目指すのがブログのテーマなので、 嫌いなものは多々あれど可能な限りディスりは避けてきた。 …

千と千尋の神隠しを解釈する3 名を取り戻す。

千と千尋の解釈からはだいぶ脱線というか派生になるけど、 当時のスレであったやりとりをまとめる。 名とか役とかSKY-HIとかは前記事参照。 inspiration.hateblo.jp 613メディアみっくす☆名無しさん2018/10/03(水) 19:33:41.77ID:???>>615 今日も仕事でたく…

見えない世界の歩き方2 名と役 SKY-HI

SKY-HI / Walking on Water -SKY-HI Tour 2017 Final "WELIVE" in BUDOKAN- スレやってた当時、深夜のラップバトル番組でSKY-HIというアーティストが Walking on Water という歌をうたうのを見て衝撃を受けた。 なんかとにかくタダモノではないという気がし…

千と千尋の神隠しを解釈する2 竜神は魔女の弟子になるか?

金曜ロードショーで千と千尋、いいねえ~。 何度でも繰り返し観ていい作品だと思う。 子どもの脳内に刷り込み、日本人の無意識に浸透させるべきw さて、色々トピックはあるわけだが。 物語の最初のイライラポイント、千尋の母親冷たくね?っていうのから書…

千と千尋の神隠しを解釈する1 湯バーバとゼニーバ、魔女の姉妹?

坊ってさ、つまり子供部屋おじさんってやつだよね。 いやーそんな言葉が流行る十年も前から、子供部屋で大きくなって自立できないおっさん達を、あんな愛すべきキャラクターに仕上げていた宮崎駿の先見性と言ったらw脱帽w 明日は千と千尋の神隠しの放送が…

天気の子を解釈する3 小説も読んでみた。レイアースの無料配信も。

小説は、ほぼ映画と同じだった。 でもいくつか補完されたこともある。 まず、夏美だな。 映画では占い師のところでアヤシイ話にいちいち「それって私かも!」とか言ってて、騙されやすいアホの子とか、 「ウケる」を連発する、ノリで生きてる気楽なお姉さん…

天気の子を解釈する2 ネタバレあり。新しい時代の竜退治譚。

天気の子、二回目行ってきた。やっぱ好きだなー。 前回の記事で、天気の子のアンサーは、 セカイ系の次へ行くテーマ、あるいはアンチテーゼだと書いたけど、 もうひとつ、天気の子はアンチテーゼが込められた物語としても解釈できる。 竜退治、ドラゴンスレ…

空を解釈する。空はあの世、というのは?

今週のお題「空の写真」 はてなブログのお題に便乗。 いつも言いたいことを書くだけだがww 空、そらとも読むけど、くう、とも読む。 色即是空、空即是色の空(くう)だ。 空という字は、穴と工の組み合わせだ。 工は虹と同じ工。点と点を結ぶ線だ。 こういう…

天気の子を解釈する1、絶賛。ネタバレあり注意。

天気の子、良かった。 君の名は、の次のテーマ、次の作品になってたと思う。 前へ進んでる、進歩してる。凄いことだな。 帆高がいう「自分のために願って、陽奈。」これがメインテーマだと思った。 72日間?雨が続く異常気象が続いて、 巫女、人柱が一人犠牲…

君の名は、を解釈する3 半分の月、天気の子。

まあ、あとは気楽にこぼれネタというか。 ちなみにDVDは持ってるけどノベライズもコミカライズも読んでない。 ほんとはこうも甘酸っぱい青春ラブストーリーは苦手だw さやちんとてっしーの自転車二人乗りでの登校とかで、やめてもうライフは0よ!と言いた…

君の名は、を解釈する2 名前の意味、反魂の秘儀。

さて、名前の話だ。 名前というのは魔法の基本中の基本だと思う。 宮水三葉、みつはめのかみ、罔象女神、水早女神、水の出始め、水神だ。性も名も陰属性。 立花瀧、たちばな、橘、非時香菓、ときじくのかくのこのみ、 柑橘の一種でいつも良い香りがすること…

君の名は、を解釈する1 三度目のムスビ、神話、陰陽とそれをつなぐもの。

さて、君の名は、はどこから手を付けたものか・・・? スレでも相当とっちらかって突拍子もなかったからなあ。 正直、とにかくキレイだった。っていう感想だけでもいい気はしてるんだけどw 解釈していっても色んなことがどんどん符合していくのが面白かっ…

崖の上のポニョを解釈する3 水色のワンピース、イカの豆知識。

赤毛の魔女の話を書いてて思いついたので。 ポニョでは、赤毛と黒髪という対比ヒロインはポニョとくみこちゃんだ。 で、宮崎駿作品では、ほぼ初の出来事なんだけど、赤毛ヒロインとボーイフレンドのカップルが成立する。 ナウシカとアスベル以来だ。しかしナ…

宮崎駿作品を通して解釈する2 猫と魔女、猫の道、最高の使い魔ティブ。

メアリと魔女の花のセリフ「猫は魔法に精通している」 これもジブリ全体を通して超重要だ。 宮崎駿作品で猫というと、猫バス、ジジ。 あとは耳をすませばのムーン、バロン、猫の恩返しも金ローで見たな。 フラナガンによると黒い毛並み、緑の目の猫は完璧な…

宮崎駿作品を通して解釈する1 赤毛、黒いリボン、魔女とは。

さて、これについてはメアリですご~く長い台詞で解説してくれたから、気が付くことができた。「この燃え上がるような赤い髪、古今東西、赤毛の魔女は優秀と決まっています。すべての魔女の憧れ、天才だけが持てる髪の色です。」 長いwwしつこいww古今東…

メアリと魔女の花を解釈する1 詰め込まれたオマージュの意味。

メアリと魔女の花も金ローで見た。色んな意味で面白かった。米林宏昌監督の心、人生がうかがえるというか。天才宮崎駿の二世として期待されるっていうのは、ほんとーに大変なんだろうなと。師とその作品を深く愛し理解してるだけに、それを越えるのも容易で…

海獣の子供を解釈する5 空から来た少年、二つの人魂、特異点。

ちょっと新事実多過ぎたので記事書き直し! 海獣の子供で一番ミステリアスなキーパーソンは空少年だと思う。 空少年の、「自分のことを知りたい、調べてほしい」という希求、好奇心、それがすべての始まりだ。 そもそも、海から来た少年たちは、みんなだいた…

崖の上のポニョを解釈する2 タロットカードとの照応。

ポニョとタロットが関係あるってのは割と有名な話なのかな? 自分もまとめサイトのコメント欄でヒントをもらって、大澤義孝著のタロットの謎という本を買って勉強してみた。その本が面白すぎて、後でマルセイユ版のカード一式も買ったったw ポニョのストー…

崖の上のポニョを解釈する1 人魚姫、次元の上昇。

海獣の子供の次にポニョの話とかタイムリーだなー。色々似てる。 まずは、元ネタにアンデルセンの人魚姫があること。 ポニョのタイトル候補に金魚姫、というのがあったのは割と有名な話だ。 人魚姫は王子に恋をして、人の足を得て、陸へ上がってくる。 足と…

見えない世界の歩き方1 ロードマップ

当時のスレから質疑応答などをまとめとく。物語の本筋からは脱線してる、スピやオカルトやニューエイジや神秘思想な、見えない世界の話。 まず見えない世界のロードマップについて。これはかなり普遍的で、どんな物語を解釈する時にも、リアルワールドで見え…

ハウルの動く城を解釈する。こぼれネタ 記事作成中。

こぼれネタがスレのあっちこっちに散らばっててどうしようもないので、見つけ次第ここにサルベージしていく。 ・ソフィは嘘が上手。 ・「引っ込まないと鼻がなくなるよ」マルクルがソフィに「引っ込まないと鼻がなくなりますよ」と言うけど、 あのドアの開け…

物語に組み込まれた魔方陣。海獣の子供、ポニョ、君の名は、果てしない物語・・・。

海獣の子供スレもなかなか楽しくてブログ放置してたわ。 あっちで書いたり思いついたりしたネタだけでもまた海獣の子供記事は書けそうなんだけど。 でもさー、ぐるぐる回るモチーフが頻発することについて書いても、全然その話題広がらないんだよなあ。 わり…

映画・海獣の子供、感想

二回観に行った! もはや全編が瞑想導入映像。素晴らしかったけど、これは一般受けはムリかもww 玄人か、子供くらい先入観なしのまっさらな頭じゃないと入ってこないかも。 なんの玄人かは知らんけどww これがもし流行ったら日本始まってるけど、ちょっ…

ハウルの動く城を解釈する6 サリマン、支配者とは。

自分がスレッドで解説をやっていた当時、サリマンについて書くと語調が荒くなり、レスも荒れがちだった。 それは自分が「支配者を許せない」というガラクタの思考パターンをもっていたからだ。サリマンと戦おうとするハウルの段階だ。それはまだ、対立・反抗…

海獣の子供、考察だけまとめ。

いつも長すぎると言われるので、考察だけ短くまとめとく。 ・海に落ちた隕石に含まれていた微生物が、地球の生命の起源となった、パンスペルミア説。 君の名は、やポニョ、ヴィーナス誕生の神話などでも示唆される、普遍的なモチーフが物語の核になっている…

ハウルの動く城を解釈する5 黒い穴の秘密。

ソフィもいわば魔女なんだと繰り返してきたけど、 いつからソフィは魔法を使えるようになったのか、きっかけがある。 あの空中散歩だ。 ハウルに寄り添われながら「足を出して、歩き続けて」そのとおりにできたら「上手だ」と。 あれは魔法の手ほどきにもな…

ハウルの動く城を解釈する4 マルクルと坊、動く城の意味するもの。 

Q マルクルっていつからハウルといるの?家族が欲しそうだったけど。 Aマルクルが家族が欲しそうっていうのは 「ソフィ行かないで、僕ソフィが好きだ」とか「僕たち家族?」ってセリフがあるからね、そう思うけど、 マルクルって、キャラの背景とか、動機…

ハウルの動く城を解釈する3 魔法の代償、名前の意味。

Q 荒地の魔女がサリマンから贈られた葉巻を吸うけど、この葉巻の効果と、葉巻を吸った理由は? A 葉巻は、サリマンの作戦だ。 サリマンは荒地の魔女がハウルと一緒にいることを知っている。 荒地の魔女がハウルの心臓が欲してることも知っている。 で、ハ…